構造計算 フリーソフト
土木建築設備のフリーソフト集
> 構造計算・構造物の安定計算・RC構造
土木建設・建築設計・設備工事/構造計算・安定計算 フリーソフトのリンク集
■ 構造計算・安定計算
構造計算・安定計算のフリーソフト
構造計算1 構造計算2
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
擁壁計算1 擁壁計算2

構造計算・安定計算のフリーソフト
ブロック積 ボックス計算
水路側溝・桝 梁の計算
RC造の計算 スラブ・軸組
■ 構造計算・安定計算
構造計算、安定計算、モーメント計算、たわみ計算、応力計算、設備耐震設計施工指針、強度計算、断面設計、設計計算、土木設計、断面力、断面係数、等分布荷重など。

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
■ 擁壁の安定計算
構造計算、安定計算、土圧計算、擁壁、l型擁壁、L型擁壁、ブロック積擁壁、フリーソフト、重力式擁壁、単純支持スラブ計算、配筋図、大型ブロック、鉄筋コンクリート、応力解析プログラムなど。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
■ ブロック積・石積擁壁の安定計算
盛土部・切土部に設置する石積擁壁、ブロック積擁壁の安定計算。
ブロック積擁壁、大型ブロック積擁壁、混合擁壁の設計計算を行います。
■ ボックスカルバート・ウイングの安定計算
安定計算、断面二次モーメント、フリーソフト、ボックスカルバート、ボックスカルバート構造計算フリーソフト、ウイングの計算、翼壁の計算、BOXカルバート、カルバート支持力の計算、カルバート構造など。
■ 水路・側溝・集水桝の安定計算
水路工の安定計算、U型水路、現場打側溝構造計算書、排水フルーム、フリューム水路、応力計算、U型側溝構造計算、I型ばり、U型水路たわみ構造計算、集水桝の構造計算、コルゲートパイプ設計など。
■ 梁の断面計算、梁強度の計算
エクセルで梁強度の計算、小梁断面計算ソフト、梁強度と断面係数の計算、断面公式集、合成断面の計算、梁・連続梁・合成材断面性能の計算、任意形状の断面性能算定、片持ち梁、単純梁、固定梁、門形ラーメンの応力計算など。
■ RC断面の計算
RC構造計算、たわみ計算、辺固定スラブの計算、単純梁、RC梁、大型ブロック、単純橋梁、単純ばり、断面諸元、鉄筋のたわみ計算、土木構造計算ソフト、四辺固定、RC断面計算など。
■ スラブの断面計算、骨組構造の解析
骨組構造の3次元解析、骨組構造物の変位・応力計算、平面内フレームの応力解析、平面骨組・立体骨組の計算、鉄筋コンクリートスラブの断面設計、固定スラブの鉄筋応力度の計算など。
………………………………………………………………………………………………………

構造計算・安定計算のシェアウェア

フリーデータ リンク集
シェアウェアとは、一定の試用期間を設け、継続して使用したい場合は、代金を支払うソフトです。
シェアウェアにも、よいソフトがたくさんあります。
CAD・画像・EXCELLデータ、
メーカー技術資料など。
フリーデータのリンク集へ
構造計算・安定計算 シェアウェア
擁壁・ブロック積の安定計算 シェアウェア

土木建設設備工事
ボックスカルバート・ウイングの安定計算 シェアウェア
水路・側溝・集水桝の安定計算 シェアウェア
■ 土木建築設備のフリーソフト
RC断面計算・RCスラブの設計 シェアウェア
建設総合 PDF・画像
地質・法面 構造計算
………………………………………………………………………………………………………
鋼構造 道路・橋梁
水理・河川 上下水道
荷重とは、構造物に作用する、いろいろな力学的負荷のことです。地震力、風圧力、積雪など、常時でなく影響する荷重があります。構造物を築造する場合には、使用する場所の安全を守るため、これらの負荷に対応する構造設計が必要です。構造計算公式の計算、構造設計補助ツール、フレームの応力解析、ラーメン公式を用いた応力計算などの構造計算、荷重計算のソフトがあります。設定する条件により、経年劣化などを考慮した設計が不可欠になります。構造物の自重、固定荷重、積載荷重、雪の多い地域の積雪荷重など、構造物に常に作用する荷重もあります。梁、ウイング、カルバート、ブロック、ボックス、集水桝、踏掛版、擁壁、コンクリート、水路工など、構造計算・安定計算・RC構造のフリーソフトです。
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
施工管理 建築設計
設備工事
□ 水路形式の選定基準

 水路形式選定に当たっては、道路の設計、施工に適した構造でかつ経済的に有利なものを計画しなければならない。
 したがって、形状選定においては下記の事項について調査、検討を行い決定するのが望ましい。なお、コルゲートメタルカルバートについては、維持管理等を考慮した上で採用を検討すること。盛土材や基礎地盤については、必要に応じて協議すること。
1. 必要内空断面
2. 平面形状
3. 縦断勾配
4. 土被り
5. 地形及び地質
6. 周辺構造物
7. 施工条件

□ 慣用設計法による設計の適用条件

1. 裏込め、埋戻し材料は土であること。
2. カルバートの縦断方向勾配が10%程度以内であること。
3. 本体断面にヒンジがないこと。
4. 単独で設置されること。(複数のカルバートが近接して連続的に設置されないこと)
5. 直接基礎により支持されること。
6. 中柱によって多連構造になっていないこと。
7. 土かぶり50cm を確保すること。

 カルバートの適用範囲外である場合や、構造形式や規模、材料、土かぶりが全て適用範囲内であっても、上記慣用設計法の適用条件を満たしていない場合は、要求性能が満足されることを照査する。ただし、適用範囲と大きく異ならない範囲で、同様な材料特性や構造特性を有すると認められる場合には、慣用設計法の適用を妨げるものではない。


                参考文献:「設計便覧(案)道路編」

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
− END −