<スマホ版> ページへ
土木建築設備のフリーソフト集
> 積算・単価・見積 2
数量計算・積算・見積書
積算・単価・見積書のフリーソフト
 その2

業務を支援するサイト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
積算見積 1 積算見積 2 鋼材数量 土量計算 積算見積
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
スポンサーリンク
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/積算・単価・見積/フリーソフトのリンク集
積算・単価・見積書のフリーソフトのリンク集/積算大系、実行予算書、ツリー階層型、汎用見積、建築積算、足場積算、数量計算、共通費積算、Excel関数、機械単価、積算単価、単価見積、単価見積書、積算単価表、土木工事積算など。
………………………………………………………………………………………………………

【 積算・単価・見積 】のフリーソフト
KSW研究室 積算ソフトの積建箱。タイル割付プログラム、建具平面データ作成プログラムなど。
Dog Mark System 土木積算システムは、作成された内訳書様式を積算システムの出力帳票として使用します。
ケプリ 見積り、工事積算、実行予算などのシステム化を支援する、
カスタマイズ可能な汎用積算ソフトです。
イチホコンピュータ 複雑な階層の見積書を簡単に作成するためのソフトウェア。
建設業の見積書のみならず、見積項目が複雑で多岐にわたる業種対象です。
9JN6P7X7WW 土木工事積算を簡単に行うソフトです。施工パッケージの試算を行えます。積み上げ積算方式にも対応しています。
チャート・グラフの作成を支援するソフトもあります。
ビッグニンバス 土木設計業務委託積算ソフトです。測量業務、地質調査業務、設計業務すべて国土交通省対応です。
地質調査業務は市場単価の動きに合わせて対応可能です。

数量計算 フリーソフト
スポンサーリンク
■ 数量計算・積算・見積書
構造物 1 構造物 2
鋼材数量 土量計算
面積・体積計算
積算見積 1 積算見積 2

土木建設設備工事
■ 土木建築設備のフリーソフト ………………………………………………………………………………………………………
建設総合 PDF・画像
K's Soft 建築見積を簡単にすばやく作成できる専用ソフトです。解りやすい入力画面、ハイレベルな実務機能を装備しています。
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
ブレイン 見積書・納品書・請求書・発注書が作成できます。登録するごとに各明細がマスターに自動保存します。グループ間で利用すれば見積書・請求書を簡単に電子ファイル徴収できます。
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
シード 測量業務の見積金額の積算を行うEXCELマクロのソフトです。基準点測量、水準測量、路線測量、河川測量、深浅測量、用地測量の積算が可能です。
施工管理 建築設計
設備工事
浜田 宏 建築見積作成ソフト。
建設業の雑工事、小工事、改修・改造工事、専業工事などの実行予算書・見積書・請求書が作成できます。

受験 資格 フリーソフト
オー・エム・エス 見積・納品・請求の各明細書、合計請求書、領収証などを作成するソフトです。
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
PCアクセサリー・サプライ
ランキング ★ バーゲン へ
拾い出した数量に、材料の単価を掛け、手間賃、運搬費、建設業者の経費などを計上していきます。時間のかかる作業ですが、積算した結果は、予算とかけ離れるケースも多くなります。積算では、建物を建設する全材料の数量を、実施設計の図面から拾い出します。建設業向け階層型見積書の作成、汎用階層型の見積書作成、見積作成時点で原価と売上を比較入力などの工事見積書、原価対比見積、請求書のソフトです。予算をオーバーしないように、余剰分を見込んで発注する努力も必要になります。建築工事の積算と施工業者の選定について検討しなければなりません。決まった書式に基づいて、内訳明細書に記載していきます。積算は、実施設計で作成された設計図書や関係規定などをもとに、工事種目ごとに数量を算出します。Excel関数、機械単価、積算単価、単価見積、単価見積書、積算単価表、土木工事積算など、積算・単価・見積書のフリーソフトのリンク集です。積算と予算とが大きく異なる場合は、建築主と設計者は協議して、減額案、増額案を検討しなければなりません。
− END −