<スマホ版> ページへ
土木建築設備のフリーソフト集 > ため池・調整池
水理計算・河川・ダム
ため池・調整池のフリーソフト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

業務を支援するサイト
ため池・調整池 流量計算 等流・不等流 河川砂防 CAD
スポンサーリンク
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/ため池・調整池 フリーソフトのリンク集
ため池・調整池のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/調整池、厳密計算、雨水調整池、池計算、調整池の計算、調整池、調整池容量計算、洪水調節地、洪水調節池計画支援システム、農業土木、防災調節池、クラーヘン式、降雨強度式、タルボット式、確率雨量、降雨確率、マニングなど。
………………………………………………………………………………………………………

【 ため池・調整池 】のフリーソフト
洋洋的道路設計の広場 調整池の必要容量を計算します。集水桝の材料・土工数量計算など。
北畑都市設計 河川協会仕様の簡便法による調整池容量計算です。
降雨強度式、許容放流量、流域面積、流出係数等から調整池容量を計算します。
国土技術研究センター 調整池容量計算システムです。
プチソフト館 調整池の洪水調節計算を行います。 他には、管水路の損失計算、落差工の計算、等流・不等流計算、横越流余水吐けの計算などがあります。
にゅん太 エクセルによる調整池の貯留解析ソフトウェアです。 四角堰及び直角三角形堰の流量を計算します。
スポンサーリンク

水理計算 フリーソフト
■ 水理計算・河川・ダム・砂防
流量計算 1 流量計算 2
管の流量計算、コルゲート
等流・不等流計算
横越流セキの計算
河川・ダムのフリーソフト
砂防ダム・護岸工・落差工
………………………………………………………………………………………………………
ため池・調整池のフリーソフト
アークシステム企画 砂防施設(えん堤・ダム)設計、横越流・防災調整池の容量算定、石積・ブロック積・擁壁の設計、単純床版橋・橋台の設計、地耐力の設計計算、置換コンクリートの基礎設計、慣用法土留の設計など。
海岸・港湾・防波堤

土木建設設備工事
大城 勇二 洪水調節池計画支援システムは、洪水調節池(時間〜流入量〜放流量〜水位の関係)の計算ができます。
■ 土木建築設備のフリーソフト
相互技研 ため池整備の手順は、小規模ため池を改修整備する時の資料として利用できます。
建設総合 PDF・画像
地質・法面 構造計算
anbrand 調整池の逆T型擁壁・重力式堰堤の安定計算、道路計画高を計算しAutoCADに道路縦断図を作成、下水縦断図の作成、Aut oCADに鉄筋加工図・重量表の作図など。
鋼構造 道路・橋梁
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
プレステージ 土地改良事業計画設計基準「農道」に準拠したプログラム・データが多数あります。 ため池の設計洪水位の計算、重力式・もたれ式擁壁の設計(土地改良事業編)など。
数量計算 CAD・電納
施工管理 建築設計
スポンサーリンク
設備工事

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
雨水の利用計画には、集水場所と集水方法の検討、貯水槽の規模と稼動計画、水使用とのバランスの検討、処理フローとの選定などが行われます。雨水利用の施設数は、年々増加しています。洪水調節池計画支援システム、農業土木、防災調節池、降雨強度式、タルボット式、確率雨量、降雨確率、マニング式など、ため池・調整池のフリーソフトのリンク集です。地域の降水特性を調査することからスタートしなければなりません。都市洪水の防止については、流出抑制型水道水の導入、敷地内浸透の増進により、増加傾向にある都市型洪水を防止しようとするものです。洪水調節池の時間・流入量・放流量・水位の計算、計算条件は降雨強度式・君島式・タルボット式・シャーマン式・久野式・石黒式などの調整池の計算、ため池の設計のフリーソフトです。雨水を貯留し浸透を図ることにより、可能な限り都市内に水資源を確保しようとしています。地域水環境システムの再生は、従前の無秩序な水使用を廃止して、地域内での水環境を促進する必要があります。
服&ファッション・時計
ランキング ★ バーゲン へ
□ ため池、堤体設計の考え方

 堤体の設計は、各種調査の結果を踏まえ、ため池の形態・規摸に応じた適切な手順により行いう。個々のため池固有の諸条件を十分考慮した上で、所要の機能を有し、かつ、経済的な工法、断面を決定するものとする。また、堤体の安全性が確保される範囲で、環境との調和に配慮するものとする。
 経済的な断面とするためには、現況堤体を適切に評価し、これを可能な限り利活用することを念頭に置き、加えて、洪水吐越流水深と堤高の関係等、多面的かつ総合的な判断を必要とする。
 また、堤体の所要機能及び安全性の確保を図るためには、浸透量計算、安定計算等の基本的な技術検討を全体の設計手順の中で適切に実施する必要がある。
 ため池改修における環境配慮対策としては、植生に配慮した自然材料や多自然型ブロックを堤体護岸工に導入する等、主に、堤体を対象とした工夫が考えられるが、ため池の水際断面・工法の選定に当たっては、堤体のみを対象とするのではなく、水際全域における生物の生息・生育環境条件を考慮して検討することが望ましい。
 なお、ため池の形態・規模等の特徴及び環境への影響度に応じて堤体設計の考え方は異なることから、堤体の設計は、個々のため池固有の諸条件を十分考慮し、適正かつ効率的な設計手順に従って行うものとする。

                    参考文献:「土地改良事業設計指針 ため池整備」
− END −