◆ スマートフォンはこちらへ
土木建築設備のフリーソフト集
> 施工の書式 その1
施工・工程表・工事写真
その1
施工計画書など書式のフリーソフト集
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
施工書式 1 施工書式 2 安全・看板 工事写真
PCアクセサリー・サプライ
ランキング ★ バーゲン へ
工事看板 CADフリーデータ を厳選したページは、 こちらへ
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

施工管理 フリーソフト
■ 施工・工程表・工事写真
施工書式1 施工書式2
出来形 原価管理
品質管理
土木建設・建築設計・設備工事/施工計画書など書式のフリーソフト集
工程管理1 工程管理2
施工計画書、フリーソフト、エクセル、書式、建築工事施工計画書、作業計画書、国交省、電気工事、土工事、土木工事現場必携、鉄骨工事、土木工事下請け注文書、作業主任者、全建統一書式、重要事項説明書など。
作業日報 安全・看板
………………………………………………………………………………………………………
工事写真1 工事写真2

【 施工計画書・作業計画書 】のフリーソフト

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
EX測量屋さん 建設リサイクル届出書、分別解体等の計画書、建築物に係る解体工事、変更届出書、変更別表、建設リサイクル委任状・説明書・告知書、建設リサイクル再資源化等報告書、再生資源利用計画書・促進計画書など。
現場代理人 現場管理の提出書類テンプレートが多数。契約関係書類、労働基準監督署への手続き、施工計画、施工体制台帳・再下請負通知書・施工体系図、下請負人届、施工体制役割分担表、工事打合せ簿、工事履行報告書など。
黒王リファルソフト 施工体制台帳、ゼネコンマニュアル、建設工事現場のFAX送信状、現場所長の帳簿、原価管理、実行予算や支払いの差し引き簿、工程管理、ネットワーク工程表、バーチャート工程表など。
EXCEL&CIVIL / jin 土木現場で即活用できるEXCELのシート、現場ですぐに役立つ1 23の活用計算集など。
今利 信 国土交通省土木工事積算基準の工種分類に準拠した約80工種の施工方法文例集などの施工計画書作成例。
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

土木建設設備工事
………………………………………………………………………………………………………
■ 土木建築設備のフリーソフト
建設総合 PDF・画像
TAMONOKI 工事完了書・工事確認書、工事用の注文書・注文請書・資材注文書、安全衛生管理書類に併せて使用する作業員名簿など。
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
TsK 秋葉勝義 建設工事下請契約約款による工事注文書、建設業法による工事注文書、全建統一様式によるグリーンファイル・安全書類・作業員名簿の作成、設備工事の複合単価見積システム、工事業者向け積算システムなど。
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
snowflake 消防用設備等設置届書の書式フォーマット、消防設備等着工届テンプレート、消防設備等点検票テンプレート(漏電警報・誘導灯)、JW_CAD用の消防設備図形ファイルなど。
施工管理 建築設計
設備工事
A&E 工事用安全看板の作成、工事請負契約書、施工計画書、
工事写真帳の表紙など。

フリーデータ リンク集
A.C建築設計 全建統一様式の施工体制台帳をWord 形式で作成など。
CAD・画像・EXCELLデータ、
メーカー技術資料など。
………………………………………………………………………………………………………
フリーデータのリンク集へ
■ 施工計画、工事内容の確認について

工事内容を十分に把握するため、契約約款、設計図および仕様書を理解し、工事数量をチェックします。契約書の内容などに疑問があれば、発注者に問い合わせましょう。工事代金の支払方法、工事中止の場合の取扱い、工事遅延によるペナルティ、スライド条項・インフレ条項、不可抗力による損害の取扱い、かし担保責任、条件変更による工事代金の変更、用地未解決の有無などについて、確認する必要があります。
また、主要工事内容については、  図面・仕様書・施工管理基準などにより各種規格値を確認します。主要工事数量の確認ならびに増減時の取扱い、図面と現場の相違点、監督員の指示・承諾・協議事項、仮設備についての規定などの確認を行います。

■ 施工計画、現場状況の確認について

現場調査の項目は非常に多く、脱落のないようチェックリストを作成しておくことです。調査の精度を高めるためには、複数の者で調査を行ったり、回数を重ねることが大切です。
次のようなものについて、現場状況を調査する必要があります。地形・地質・土質・地下水などを調査し、設計との照合を行います。施工に関係のある水文気象を調査します。施工法、仮設規模、施工機械の選択を行います。動力源、工事用水の入手を検討します。材料の供給源と価格および運搬路を確認します。労務の供給、労務環境、賃金を検討します。工事によって支障を生ずる問題点をあげます。用地買収の進行状況、附帯工事、別途関連工事、隣接工事などの調査を行います。騒音、振動などに関する環境保全基準、文化財の有無を確認します。

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
− END −