<スマホ版> ページへ
> 道路標識の設計計算
土木建築設備のフリーソフト集
道路・軌跡・舗装・橋梁
道路標識の設計計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

業務を支援するサイト
道路標識設計 道路設計 1 車両軌跡図 舗装・切削 道路CAD
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
おすすめ CADフリーデータ を厳選したページです。
osusume 車両軌跡図 osusume 路面標示 osusume 交通標識
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
スポンサーリンク
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/道路標識の設計計算/フリーソフトのリンク集
道路標識設計計算のフリーソフトのリンク集/道路標識、道路標識柱、道路標識基礎計算、複柱標識設計計算、標識柱、交差道路標識、逆L型標識柱、道路標識CAD図、道路標識dxf、F型標識柱、F型標識鋼管基礎、エクセル、cad、ガードレール、ガードパイプ、路面標示など。
………………………………………………………………………………………………………

【 道路標識の設計計算 】のフリーソフト
tech21 ケーソンによる標識の基礎計算、F型標識柱の計算、門型標識柱の計算、逆T式擁壁・重力式擁壁の構造図描画など。
小林土木設計事務所 道路の警戒標識がCADで作成できます。道路の規制標識も収録しています。
CivilCOM 交通標識があります。
土木の道具箱@ほーせん.com 路面標示は、バイク滞留標示・自転車・交差点記号・横断歩道あり・転回禁止・右折禁止・車線減少・時間数字・速度・路線バス通行帯・優先・バス停・原付二段右折・自転車専用など。
プチソフト館 EXCEL道路標識基礎構造計算は、道路標識設置基準・同解説(日本道路協会)及び道路標識ハンドブック(全国道路標識・表示業協会)に準拠しています。
スポンサーリンク

道路・橋梁 フリーソフト
■ 道路・軌跡・舗装・橋梁
道路設計 1 道路設計 2
車両軌跡図 道路標識
舗装・切削 橋台・橋脚
踏掛版 床版橋

土木建設設備工事
………………………………………………………………………………………………………
■ 土木建築設備のフリーソフト
アーキノット一級建築士設計事務所・Ar chiKnot SCS_forFree 看板支柱選定プログラムは、独立看板支柱選定のプログラムです。
建設総合 PDF・画像
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
D's homepage / madram 速度圧及び風圧力算定、日影交点計算、許容応力度算定による地盤計算、丸鋼・異形棒鋼の断面積及び周長計算、周辺固定スラブの構造計算、H鋼の断面2次モーメント等の計算など。
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
大崎建築設計事務所 建築物の二次部材と風圧力の計算、べた基礎の接地圧、基礎スラブ・基礎梁の配筋計算、U型鉄筋コンクリート造擁壁・重力式コンクリート造擁壁(宅地造成、道路土工)の安定計算など。
施工管理 建築設計
設備工事
うちけん 建築基準法による風圧力の計算、結露の計算、採光有効面積計算、柱状改良体の長期許容支持力の算定、採光・換気・排煙の計算、スウェーデン式サウンディング試験の計算など。

受験 資格 フリーソフト
Pixy's room 結露計算・建築基準法による帳壁風圧力算定・建築基準法による速度圧算定など。断面性能算定は、片持梁・単純梁・はね出し単純梁・両端固定梁・連続梁・屋根排水雨樋寸法算定など。
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
ヘルスケア・ベビーケア
ランキング ★ バーゲン へ
道路標識の視認できない要因は、道路の付属施設、道路占用物件が視通を妨げることです。仮桟橋の計算、橋台の安定計算と底版断面計算、単柱式標識、複柱式標識の計算、独立看板支柱の選定、道路標識基礎の構造計算、基礎形状により直接基礎・ケーソン式の計算などの床版橋・橋台の設計、道路標識の計算のソフトが、ダウンロードできます。道路標識の設置については、道路利用者の行動、設置状況を検討して設置場所を決めます。樹木が植えられているケースでは、樹木が見通しの障害にならないかを検討します。道路標識、道路標識柱、道路標識基礎計算、複柱標識設計計算、標識柱、交差道路標識、逆L型標識柱などのフリーソフトが、ダウンロードできます。道路標識の設置は、道路利用者の行動に配慮すること、標識の視通ができることなどに留意して設置場所を選定します。道路の占用物件については、電柱、消化栓、公衆電話、看板、ポスト、地下鉄の出入口などがあります。設置場所の決めるには、視認距離、判読距離、ドライバーの行動などを十分検討して、適切な場所を選定します。交差点付近に設置する必要のない標識は、できるだけ交差点付近を避けて設置します。
− END −