<スマホ版> ページへ
土木建築設備のフリーソフト集
> 擁壁の安定計算 2
構造計算・安定計算
擁壁構造計算のフリーソフト その2
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

業務を支援するサイト
擁壁計算 1 擁壁計算 2 ブロック積 構造物 CAD
擁壁 CADフリーデータ を厳選したページは、 こちらへ
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
スポンサーリンク
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/擁壁・ブロック積の安定計算 フリーソフトのリンク集
擁壁の構造計算のフリーソフト集 その2/重力式擁壁の安定計算、もたれ式擁壁の構造計算、L型擁壁の安定計算、逆T擁壁のフリーソフト、改良試行くさび法、Excelによる擁壁構造計算ソフト、道路土工擁壁工指針に準拠した擁壁の構造計算ソフトなど。
………………………………………………………………………………………………………

【 擁壁の安定計算 】のフリーソフト
CivilCOM 重力式擁壁・逆T型擁壁・逆L型擁壁の構造計算ツールは、Exc elのマクロを使用して、転倒・滑動・地盤支持力の安定計算を行います。
にゅん太 『道路土工 擁壁工指針』に準拠した重力式擁壁の安定計算ソフト、Excelによる逆T擁壁構造計算ソフト、現場打ちL型擁壁と小型重力式の図面集、調整池計算・貯留解析ソフトなど。
JUN
佐矢 講一郎
標準設計、擁壁工指針に準拠した擁壁設計計算書の出力プログラムです。ボックスカルバート 設計計算書の出力プログラム (荷重任意入力)もあります。
西龍企画 矩形断面・円形断面・T型断面の鉄筋応力度計算、L型擁壁(単位幅)の配筋図作成支援プログラム、逆T型擁壁(全幅)の配筋図作成支援プログラム、縦断図作成支援プログラムなど。
綜合システム 重力式擁壁の設計は、道路、土地改良、建築、防災(待ち受け、落石防護)などのさまざまな分野で利用できます。
ブロック積擁壁、混合擁壁の設計を行うこともできます。
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
■ 構造計算・安定計算
構造計算1 構造計算2
擁壁計算1 擁壁計算2
ブロック積 ボックス計算
水路側溝・桝 梁の計算
RC造の計算 スラブ・軸組

土木建設設備工事
………………………………………………………………………………………………………
■ 土木建築設備のフリーソフト Art.Gray Landscape Design Support ランドスケープ・デザイン(造園・土木・建築外構等の設計)を応援するサイトさんです。重力式擁壁・もたれ擁壁・ブロック積擁壁・石積擁壁・逆T擁壁の構造計算など多数。
建設総合 PDF・画像
地質・法面 構造計算
土木井戸端会議 土圧の計算法と理論、支持力理論、擁壁の安定検討、有限斜面土圧の計算と解説、改良試行くさび法(右城-中畑式による計算)など。
鋼構造 道路・橋梁
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
オー・エム・エス 試行くさび法による、重力式擁壁の安定計算、大型ブロックの安定計算など。
数量計算 CAD・電納
施工管理 建築設計
斜面設計屋の独り言 衝撃力を考慮した重力式擁壁の検討。
設備工事
mam 擁壁の構造計算を行い、構造計算書をテキストデータとして出力します。ノンパラメトリック検定の米国マイクロソフト社Excelアドインです。

受験 資格 フリーソフト
スポンサーリンク
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
塵、ゴミ、ドロ、有機不純物、塩化物などが有害量以上含まれていてはいけません。細骨材として使用する砂の絶乾比重は、基本的には2.5以上になる必要があります。細骨材の物理的な特性は、いろいろなものがあります。同じ操作を5回行った時の損失質量が、基本的には10%以下である必要があります。凍害に耐えられる強度が求められるコンクリート細骨材は、JISA 1122の試験、硫酸ナトリウムによる骨材試験により確認します。改良試行くさび法、xcelによる擁壁構造計算ソフト、道路土工擁壁工指針に準拠した擁壁の構造計算など、擁壁の構造計算のフリーソフト集です。道路土工・擁壁工指針に基づいた擁壁の安定計算ソフト、土圧公式は試行くさび法などの擁壁ソフトが、ダウンロードできます。
キッチン食器・インテリア
ランキング ★ バーゲン へ
 重力式擁壁の選定目安、重力式擁壁を片持ばりとして設計するポイントについては、次のように記述されています。

□ 重力式擁壁の構造形式選定上の目安について

 重力式擁壁は、擁壁高5m程度以下に適用される。 重力式擁壁の特徴は、自重により水平荷重に抵抗でき、施工が容易で、床付高さの変化に適応が容易なことである。 重力式擁壁の留意点としては、底面反力が大きく基礎地盤の良い場合に適用すること、くい基礎となる場合は不適であること、躯体断面に引張応力を生じさせないようにするのが原則である。

□ 重力式擁壁の安定性の照査について

 重力式擁壁の部材の安全性の照査は、次によるものとする。
 躯体は、形状変化位置及びつま先版上面を固定端とする片持ばりとして設計してよい。
 つま先版は、躯体との接合部を固定端とする片持ばりとして設計してよい。
 半重力式擁壁の設計の考え方は、重力式擁壁と同様とするが、躯体幅を薄くすることにより躯体断面に引張応力が生じるため、必要量の鉄筋を配置する必要がある。

                参考文献:「道路土工−擁壁工指針」
− END −