<スマホ版> ページへ
土木建築設備のフリーソフト集
> 擁壁の安定計算 1
構造計算・安定計算
擁壁の安定計算のフリーソフト集 1
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

業務を支援するサイト
擁壁計算 1 擁壁計算 2 ブロック積 構造物 CAD
擁壁 CADフリーデータ を厳選したページは、 こちらへ
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
スポンサーリンク
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/擁壁・ブロック積の安定計算 フリーソフトのリンク集
擁壁の構造計算のフリーソフト/構造計算、安定計算、土圧計算、擁壁、l型擁壁、L型擁壁、ブロック積擁壁、フリーソフト、重力式擁壁、単純支持スラブ計算、配筋図、大型ブロック、鉄筋コンクリート、応力解析プログラムなど。
………………………………………………………………………………………………………

【 擁壁の安定計算 】のフリーソフト
EX測量屋さん 重力式擁壁・もたれ式擁壁の安定計算、逆L型擁壁・任意擁壁の安定計算、逆L水路安定計算、設計水平震度計算、仮想背面土圧の計算、擁壁の滑動・転倒の安定照査など。
洋洋的道路設計の広場 試行くさび法土圧計算、重力式擁壁の安定計算、ブロック積擁壁の安定計算など。
C-net土木設計プラザ 重力式擁壁・逆T型擁壁の安定計算、ランキン式・クーロン式・試行くさび法による土圧計算など。
右城猛の研究室 改良試行くさび法による、逆T型擁壁やL型擁壁の安定計算。
遠藤 長武 擁壁展開図を自動製図します。線形計算、線形図作成の支援ソフトです。国土地理院が公開している基盤地図ファイルのコンバータです。
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
■ 構造計算・安定計算
構造計算1 構造計算2
擁壁計算1 擁壁計算2
ブロック積 ボックス計算
水路側溝・桝 梁の計算
RC造の計算 スラブ・軸組

土木建設設備工事
………………………………………………………………………………………………………
プレステージ 土地改良事業計画設計基準「農道」に準拠したプログラム・データが多数あります。 ため池の設計洪水位の計算、重力式・もたれ式擁壁の設計(土地改良事業編)など。
■ 土木建築設備のフリーソフト
建設総合 PDF・画像
大崎建築設計事務所 鉄骨造二次部材の構造計算、擁壁(重力式・L型・逆T型・逆L型・ U型鉄筋)の安定計算、べた基礎の接地圧に対する検討、基礎スラブ・基礎梁の配筋、雨水・汚水・合流の流量計算など。
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
水理・河川 上下水道
ch.si 建築基準法、宅地造成等規制法、宅地防災マニュアルの解説、宅地造成工事技術指針に基づく擁壁構造計算書など。
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
大城 勇二 逆L型擁壁の安定計算及び構造計算を行います。
また、逆T型、L型擁壁の安定計算及び構造計算もできます。
施工管理 建築設計
設備工事
アークシステム企画 石積(ブロック積)擁壁設計システムは、盛土部及び切土部に設置する擁壁の安定計算。任意形擁壁設計システムは、さまざまな形状の擁壁に対する安定計算および断面計算を行います。

受験 資格 フリーソフト
スポンサーリンク
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
一般に短期荷重による短期許容応力度は、長期許容応力度よりも安全率を下げることで、一時的には高い数値に耐えられると判定できます。これをもとに構造物の各部材には長期許容応力度が定められます。長期荷重とは、常時荷重だけが影響した時の荷重をいいます。構造計算、安定計算、土圧計算、擁壁、l型擁壁、L型擁壁、ブロック積擁壁などのフリーソフトが、ダウンロードできます。クーロン公式・試行くさび法による土圧計算など、重力式擁壁の計算のフリーソフトです。構造計算、安定計算、土圧計算、擁壁、l型擁壁、L型擁壁、ブロック積擁壁などのフリーソフトが、ダウンロードできます。クーロン公式・試行くさび法による土圧計算など、重力式擁壁の計算のフリーソフトです。コンクリートの機能低下にならないようにします。害がないことが確認されたアルカリ骨材を使用する必要があります。コンクリート中のアルカリ総和、つまり各成分からの全アルカリ数を、Na2O換算で3.Okg/m3以下にしなければなりません。
家電・カメラ・携帯電話
ランキング ★ バーゲン へ
□ 擁壁設計に関する一般事項について

 擁壁の設計にあたっては、使用目的との適合性、構造物の安全性、耐久性、施工品質の確保、維持管理の容易さ、環境との調和、経済性を考慮しなければならない。 擁壁の設計にあたっては、原則として、想定する作用に対して要求性能を設定し、それを満足することを照査する。 擁壁の設計は、論理的な妥当性を有する方法や実験等による検証がなされた方法、これまでの経験・実績から妥当とみなせる手法等、適切な知見に基づいて行うものとする。 擁壁の設計で想定する作用は、常時の作用、降雨の作用、地震動の作用、その他を基本とする。コンクリート擁壁において、「道路土工-擁壁工指針(5-9 排水工)」に従い適切に排水工を設置する。

 擁壁の設計にあたっては、使用目的との適合性、構造物の安全性について、安全性、供用性、修復性の観点から、要求性能を設定することを基本とする。

 擁壁の要求性能の水準は、以下を基本とする。
1. 想定する作用によって擁壁としての健全性を損なわない性能
2. 想定する作用による損傷が限定的なものにとどまり、擁壁としての機能回復を速やかに行い得る性能
3. 想定する作用による損傷が擁壁として致命的とならない性能

 擁壁の重要度の区分は、以下を基本とする。
1. 万一損傷すると交通機能に著しい影響を与える場合、あるいは隣接する施設に重大な影響を与える場合
2. 上記以外の場合

 擁壁の要求性能は、想定する作用と擁壁の重要度に応じて、要求性能の水準から適切に選定する。

                参考文献:「道路土工−擁壁工指針」
− END −