<スマホ版> ページへ
土木建築設備のフリーソフト集
> 梁の断面計算
構造計算・安定計算
梁の断面計算、梁強度の計算
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
構造計算 1 構造計算 2 梁の計算 構造物 CAD

業務を支援するサイト
スポンサーリンク
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
〇 建設機械・添景 CADデータ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
建設土木建築設備工事/梁の断面計算、梁強度の計算 フリーソフトのリンク集
梁の断面計算、梁強度計算のフリーソフト/エクセルで梁強度の計算、小梁断面計算ソフト、梁強度と断面係数の計算、断面公式集、合成断面の計算、梁・連続梁・合成材断面性能の計算、任意形状の断面性能算定、片持ち梁、単純梁、固定梁、門形ラーメンの応力計算など。
………………………………………………………………………………………………………

【 梁の構造計算 】のフリーソフト
C-net土木設計プラザ 単純梁の分布荷重・集中荷重によるせん断力曲げモーメントの計算ソフト。破壊抵抗曲げモーメントの算定などを行います。
右城猛の研究室 単純梁のせん断力・曲げモーメントの計算、ランキン式・クーロン式・試行くさび法・改良試行くさび法による土圧計算、砂防ダムの安定計算、踏掛板の設計、直接基礎の安定性照査など。
Pixy's room 梁の構造計算が多数。
片持梁・単純梁・はね出し単純梁・一端ピン他端固定梁・両端固定梁・連続梁の断面性能算定。風圧力・速度圧の算定など。
土木・建築 構造計算プログラム 梁・ブレース・門形ラーメン計算、梁応力計算、連続梁計算、静定トラス計算、合成部材断面性能計算、筋交・大梁接合部の計算など。
構造設計工場 固有値解析プログラム、梁の基本応力の計算、スラブの応力・断面・たわみ・振動の計算、線形の三次元汎用構造解析、剛性マトリックス法による骨組構造解析プログラムなど。
スポンサーリンク

構造計算 フリーソフト
■ 構造計算・安定計算
構造計算1 構造計算2
擁壁計算1 擁壁計算2
ブロック積 ボックス計算
水路側溝・桝 梁の計算
RC造の計算 スラブ・軸組
………………………………………………………………………………………………………

土木建設設備工事
かんぷろくん 荷重・梁の長さ・材質・断面形状から、選定した材の構造をチェックします。
■ 土木建築設備のフリーソフト
鵜飼 紀夫 梁強度と断面係数計算(材料力学)行うソフトです。片持梁、二点支持梁で二点支持梁は突き出し梁も扱えます。断面公式集は28種類の断面、合成した断面の計算をする機能もあります。
建設総合 PDF・画像
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
T&M 梁・連続梁・合成材の断面性能の計算、2X4住宅の構造計画における部材の断面計算・壁量計算・N値計算を行うなど。
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
岡田エンジニアリング エクセルによる梁強度の計算、Excelで鋼材重量表を作成、エクセルによる面積・体積・慣性モーメント・重心位置の計算など。
数量計算 CAD・電納
施工管理 建築設計
設備工事
TKK
高橋構造研究所
S造小梁断面の計算、木造耐力壁の配置検討、小規模S造の仮定断面の検討プログラム、建築金物のN値計算シートなど。

受験 資格 フリーソフト
スポンサーリンク
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
回転に抵抗するため、逆向きの梁の回転力が発生します。構造体を形成する基本部材は、柱と梁です。部材内部にできる回転力を曲げモーメントといいます。柱のように軸力で力を伝えるものを軸力構造体とよびます。梁のには、互いに反対向きの大きな力、上面が押し合う力、下面が引っ張り合うカが出現します。エクセルで梁強度の計算、小梁断面計算ソフト、梁強度と断面係数の計算、断面公式集、合成断面の計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。横方向に建物の重量を伝達するため、力の芯線と支持力の芯線が一致せず、てこの法則で旋回する力ができます。垂直方向に建物の重量を維持するため均一に圧縮する力ができ、力の芯線と支持力の芯線は同じ場所になります。梁は、水平材で、幅や奥行きがあります。梁の固定端モーメント、単純梁の中央モーメント、剪断力・たわみの計算、単純梁のせん断力、反力、曲げモーメント、撓み量、傾斜角の計算、形鋼の許容応力度の計算など、単純梁・連続梁・片持ち梁・固定梁の計算のフリーソフトです。柱は、垂直材で、構造物の高さを作ります。
スポーツウェア・シューズ
ランキング ★ バーゲン へ
梁の鉄筋のかぶり

梁の鉄筋のかぶりは、コンクリートの品質、鉄筋直径、環境条件、施工精度、構造物の重要度などを考慮して定める。

梁の鉄筋のかぶりの最小値は、下式による値とする。ただし、鉄筋直径以上とする。
Cmin = α・Co
ここに、
Cmin:最小かぶり
α:割り増し係数で、コンクリートの設計基準強度fck'に応じ、次の値とする。
 fck'≦18N/mm2 の場合 α=1.2
 18N/mm2<fck'<34N/mm2 の場合 α=1.0
 34N/mm2≦fck' の場合 α=0.8
Co:基本のかぶりで、部材の種類に応じた、次の値とする。
 一般の環境条件では、スラブ 25mm、はり 30mm、柱 35mm とする。
 腐食性環境条件では、スラブ 40mm、はり 50mm、柱 60mm とする。
 とくに厳しい腐食性環境条件では、スラブ 50mm、はり 60mm、柱 70mm とする。

とくに耐火性を必要とする構造物におけるかぶりは、火熱の温度、継続温度、骨材の性質などを考えてこれを定める。

RCはりが腐食性環境にあり、かつ、設計基準強度が35N/mm2の場合のかぶりの最小値を求めます。

基本かぶりは、Co=50mm
割り増し係数αは、fck'=35N/mm2に対し、α=0.8
かぶりの最小値は、Cmin = α・Co= 0.8×50 = 40 mm
束ね鉄筋径を考慮すると、φ=22.5mm<40mm

最小かぶりは40mmとなるが、スターラップがあれば、この径を考慮しなければならない。スターラップにD10を用いるとすると、公称直径は9.53mmである。したがって、かぶりはこのスターラップ外縁から40mm以上とするか、引張鉄筋外縁から、40+9.53=49,53≒50mm。
よって、最小かぶりは、50mmとしなければならない。

           参考文献:「鉄筋コンクリート工学」共立出版

「鉄筋コンクリート工学 共立出版」は、構造計算の流れがわかりやすく説明されている参考書です。具体的な例題も、たくさん掲載されています。
− END −