> 採光・換気・排煙
土木建築設備のフリーソフト集
建築設計 フリーソフト
採光・換気・排煙計算 フリーソフト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
採光・換気・排煙 住宅間取 風圧力・屋根 建築設計 cad
スポンサーリンク
スポーツ&アウトドア
ランキング ★ バーゲン へ

建築設計 フリーソフト
■ 建築設計 フリーソフト
建築総合 建築確認
採光・換気・排煙計算のフリーソフトのリンク集
住宅間取 木造建築
採光・換気・排煙計算のフリーソフト/採光・換気・排煙計算、ガラス開口部チェック、、結露計算、採光有効面積の計算、日影交点計算、省エネルギー、建築基準法、熱損失係数、日射計算、住宅性能表示、ダクト計算、照明計算、換気量計算、風圧力計算、ダクト排気計算など。
建築構造1 建築構造2
………………………………………………………………………………………………………
鉄骨鉄筋1 鉄骨鉄筋2
風圧力の計算、屋根構造

【 採光・換気・排煙 】のフリーソフト
建築基礎1 建築基礎2
採光・換気・排煙計算
うちけん 採光有効面積の計算、ガラス開口部の計算、壁体の内部結露の計算、型枠支保工計算、スエーデン式サウンデング試験、わく組足場計算、木造の布基礎・べた基礎の強度計算など。

土木建設設備工事
フリーソフトの人気順位
山口 太郎 建築基準法による開口部チェック、採光、換気、排煙のチェック。省エネルギー基準届出書添付用集計表(ポイント法)、熱損失係数(Q値)、夏期日射取得係数(μ値)計算書など。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
アーキテクトシステム 結露算定プログラムは、床や壁の結露算定 物性値の変更や、部材を新規に設定することが可能です。床遮音等級算定プログラムは、床スラブの重量衝撃源による遮音等級LHを算定。
道具屋 / 高原一級建築士事務所 日影データ、太陽の高度、方位角、日影倍率のリストの作成、
オリジナル断面と既製断面が混存する組立材の断面性能と主軸の割り出し、仮想仕事の原理から骨組み(単材)の変形計算を行うなど。等分布、集中荷重を組合わせた一方向スラブ系の木造、鉄骨造の構造計算書、横架材荷重の構造計算書など。
time-man 開口部検討は、建築基準法の採光有効面積の算定方法による採光補正係数を求めます。 省エネCheck住宅は、住宅の省エネルギー計算を行います。
D's Home Page / madram 建築基準法第56条の2(日影による中高層の建築物の高さの制限)に基づく日影の交点計算です。風圧力を求める計算ソフト、地盤の許容応力度を求める計算プログラムなど。
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

土木建設設備工事
………………………………………………………………………………………………………
■ 土木建築設備のフリーソフト
建設総合 PDF・画像
Jplan / 建築士ノート 採光・排煙・換気面積、換気扇能力等のチェックと確認申請図の作成、エクセルで作成した建築設計用の設計概要書など。
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
(株)サコ 太陽表は、日影解析で必要となる太陽高度および方位と影の倍率を計算し、倍率表を作成します。
水理・河川 上下水道
仮設・基礎 測量計算
シンちゃん ガラスを用いた開口部の安全設計指針をエクセルにより計算、建築基準法による採光、換気、排煙面積をエクセルにより計算します。
数量計算 CAD・電納
施工管理 建築設計
設備工事
酒井 義武 日照る君は、ビル・マンション等建築物の日影を時刻毎に表示します。開水路流体解析システムは、特性曲線法による河川・地下水槽等の開水路流れの計算を行います。

フリーデータ リンク集
rushride 採光算定マクロは、VectorWorks上で動く採光算定マクロ計算です。
CAD・画像・EXCELLデータ、
メーカー技術資料など。
………………………………………………………………………………………………………
フリーデータのリンク集へ
スポンサーリンク

建築設計 シェアウェア
建築総合 間取、木造
構造計算 鉄骨・鉄筋
風圧、基礎 建築設備
 シェアウェアとは、一定の試用期間を設け、継続して使用したい場合は、代金を支払うソフトです。
 シェアウェアにも、よいソフトがたくさんあります。
………………………………………………………………………………………………………
■ 採光計画について

日中、太陽光を利用して室内を明るくすることを昼光照明といいます。太陽光は李節・大候・方位・時刻により刻々と変化するため、採光計画ではこの変化を正確に捉え、太陽光を上手に取り入れられるよう工夫しています。周辺状況を把握し、建物の形状、窓の高さ、庇やバルコニー、ガラスの種類や内装など総合的に考えることが重要です。

■ ガラス建築の採光について

透明で美しい外観に、自然光が降り注ぐ開放的な空間は、西欧では古くから多くのガラス建築が見られていましたが、日本では1980年代からガラスを多用した建築のブームが起きました。しかし、透明で大きな開口部をもつということは、夏の直射日光のまぶしさと熱の過剰な流入、冬の熱損失の大きさなどが問題になるため、工夫が必要になります。最近では、熱負荷を抑えるために、高断熱複層ガラス、熱線吸収ガラス、熱線反射ガラス、ダブルスキン工法などの開発が進み、快適なガラス建築が増えてきています。

■ 人工照明からの採光について

直接照明は、光源が直接室内を照らすもので、経済性に優れますが、天井面と輝度対比や陰影が強くなりすぎる傾向があります。
間接照明は、壁や天井、照明のカバーに当てられた光が空間を明るくするものです。光の拡散性が大きくやわらかな光環境をつくりますが、効率はわるくなります。

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
− END −